EcoTVライブラリー No.1(2006/04/01公開)
諫早湾開門を!入門講座

 干拓堤防によって長崎県の諫早湾が閉め切られてから、2006年4月でまる9年となります。日本有数の広大な干潟の消滅は、渡り鳥の飛来地の消滅、希少生物の絶滅、有明海全域に及ぶ漁業不振など深刻な悪影響をもたらしました。干拓事業はこのまま完成させてよいのか。司会役の諫早干潟緊急救済東京事務所の菅波完さんに、諫早湾干拓事業の経緯と現状について入門的な解説をしていただいた後に、有明海で長年漁業を営んできた、松本正明さんに諫早湾閉め切り以降の漁業や環境の変化についてお話しいただきました。
 エコロジーTVの第1弾として2005年1月に公開収録した番組ですが、開局が1年以上も遅れてしまったため、お蔵入りとなっていたものです。1年経った今でも問題の構図に変化はなく、その後、公害等調整委員会に漁業者が申請していた干拓と漁業不振の因果関係の認定が却下されるなど、状況はますます厳しくなっています。

Part 1 諫早湾干拓の経緯と現状[21分] 350k 150k
Part 2 有明海漁民・松本正明さんに聞く
      その1[43分]
350k 150k
Part 3 有明海漁民・松本正明さんに聞く
      その2[50分]
350k 150k


(C)Ecology-TV All Right Reserved